注文住宅で気を付けるべきコンセントの位置

わたしが注文住宅を建築するにおいて終盤にコンセントの位置決めを行いました。はじめは担当者からの提案されたものを確認しコンセントの場所や形状を確認しました。しかしそれでは少ないのではないかと考え少し多めに付ける形で決定しました。そして実際に住み始めて得た教訓を下記下記出します。
①コンセントの数はあればあるだけ困らない。
多めに付けたと思っても「ここにコンセントがあればよかったのに」と思うことがかなりありました。
各部屋1箇所と言わず数か所設置すべきです。
②見栄えが悪くなるのはコンセントではなく配線である。
わたしたちがコンセントの数を「多め」ではなく「少し多め」にした理由は壁のあちこちにコンセントが多くあるのがかっこ悪いからでした。しかし住み始めて感じたのはコンセントが近くにないために遠い場所まで配線を伸ばしたことによる配線の横断で見栄えが悪くなるという点が失敗した点です。
③キッチン周りは場所をしっかり考えて設置を。
キッチン周りは他の場所に比べて電化製品を多く使用します。住み始めてからのイメージをしっかり持ちコンセントを設置することをおすすめします。